2011年3月18日
1日目

震災直後の成田空港は日本脱出したい外国人で大混雑

3月11日に東日本大地震があった。

何かにつけ不謹慎という意味が分からないときに、バングラデシュに行った。
旅行の目的はオリジナルカバン作り、バングラデシュでカバンを作っているマザーハウスに行くのだ。

日本にいても、仕事に集中できずに、地震一色のニュースを見守るしかない。
それよりはよっぽど健全でしょ。

飛行機は10時30分に成田発。
えらい早起きですよ。

地震の影響で成田エクスプレスは動いていない。
めっちゃ朝早くに家を出たけど、電車は徐行で、ちょいちょい止まるので、
空港までめちゃくちゃ時間がかかった。
間に合ってよかったよ。

到着が遅れたので、慌ててチェックインした。

成田空港はパニック状態!

成田空港に到着してビックリ!

IMG_0823

東日本大地震の影響はやっぱりすごかった。

空港は日本を脱出したい外国人で大混雑!
(この写真ではあの時の混雑ぶりが伝わりにくいのが残念。)

Cカウンターに並びたいのに列がGカウンターまで続いている。
アトラクション状態ですよ!

なんかおかしいと思ったら、僕が乗るマレーシア航空のところに中国人団体が溢れかえっている。

君たちここじゃないでしょ!

パニック状態の外国人。

バングラデシュへの旅はマレーシア航空

大渋滞ですっごい時間がかかったけど、ギリギリ搭乗に間に合った。

じゃ、いよいよバングラデシュに向かいますか!

HISのマザーハウスツアー参加者の自己紹介
山口絵理子さんの「裸でも生きる」でマザーハウスを知る。

コメントする

ログイン情報を記憶
はじめに
山口絵理子さんの本を読んで感動。ほんで、バングラデシュのマザーハウス工場にカバンを作りに行く。 初めての完全ツアー旅行。お便りはこちらより
バングラデシュ旅行
ツアー参加者
石川
栃木
エプロンメーカー
四谷姉
東京
薬剤師
四谷妹
東京
化粧品メーカー
鈴木
埼玉
アロマセラピスト
中谷
神奈川
Web Director
バングラデシュガイド
マザーハウスツアー HISボランティアツアー