2011年3月20日
3日目

船に乗って壺を作ってるカクラン村を訪問

船に乗り、カクランという陶器で有名な村に向かいます。

船に乗り、カクランという陶器で有名な村に向かいます

IMG_1212

どこでも集まってくる子供たち。

パシャリ

小さい子供が僕を見てビビッてたので、追い掛け回したら泣いてしまった・・・。

ごめんなさい。

th_DSC_1010

船で移動中。

2011.3.27 897

藤森さん!川の水はキレイではないので、触らないほうがいいそうですよ!

IMG_1223

村に到着です。

この村には25世帯が住んでいるそうです。

IMG_1224

にこにこ笑顔のおじさん。

IMG_1225

壺をつくってますねえ。

この村では、25世帯が別々に壺を作ってるんです。
25個の会社がある感じ。

それらを取り仕切ってるのは村長さん。

だから、この村は壺の村。

2011.3.27 923

たくさんの子供たち。

IMG_1233

どこでも集まってきます。

IMG_1241

黙々と壺を作っています。

2011.3.27 906

出来上がった壺。

IMG_1237

みんなが家族経営。

おばさんもアバターですね(笑)。

カクランで陶器作りの現場を見学

壺を壊したらあかんで。

th_DSC_1014

壺がキレイ。

o0800106711167464120


IMG_1235

ご飯を食べますか?

IMG_1247

のどかな村だ。

日本のようにマンションの隣に住んでいる人が誰か分からないなんてことはない。

生活が地域に密着していて、
人は村という単位で生きている。

IMG_1242

人は人と関わって生きる。
居住地にコミュニティがあるというのは大切やと思うな。

じゃ、そろそろ帰りますか。

船で帰ります。

IMG_1248

船に戻りますよ。

IMG_1251

見送ってくれました。

バイバイー

IMG_1254

草だらけの川を船で帰って行きます。

th_DSC_0959

四谷妹

IMG_1258

村で作った壺はこうやって運ばれていきます。

o0800060011167464155

工芸に必要な資材はこうやって運んできます。

バングラデシュ国会議事堂を経由して、ナイトマーケットへ
ヒンズー教のホーリー祭でアバター状態

コメントする

ログイン情報を記憶
はじめに
山口絵理子さんの本を読んで感動。ほんで、バングラデシュのマザーハウス工場にカバンを作りに行く。 初めての完全ツアー旅行。お便りはこちらより
バングラデシュ旅行
ツアー参加者
石川
栃木
エプロンメーカー
四谷姉
東京
薬剤師
四谷妹
東京
化粧品メーカー
鈴木
埼玉
アロマセラピスト
中谷
神奈川
Web Director
バングラデシュガイド
マザーハウスツアー HISボランティアツアー