2011年3月22日
5日目

バッグ制作だというのに、とうとう下痢、トイレから出れず、食欲なし。

石川さんとの収録のあと、眠ろうと思ったら、なんか寒い。
クーラーをオフにしてるのに消えない・・・。

眠れないからトイレに行ったら下痢気味。

・・・とうとう、お腹を壊してしまった。

お腹がキュルキュル鳴り出して、トイレにかけこむと、また液体状のウンコがでる。
トイレからベッドに戻って、横になった途端、またトイレに行きたくなる。

その後は、10分に1回ぐらいのペースでトイレに行ってた。
この夜は、トイレの住人になりました。

石川さんはスヤスヤ寝ている。

回数を重ねるごとに、黄色だった液体が、だんだん透明になっていく。

とにかくお腹がいたい。
なんか関節もいたい。

ここにきて最悪のコンディション。
朝になるまで何十回とトイレを往復した。

今日は今回の旅行のメインイベントのカバン作りだと言うのに・・・。

食欲なし

あまりゆっくり寝れないまま朝がきた。

朝ごはんを食べる力はなかったが、水分だけとりにいった。
朝食を食べていると、みんなが集まってくる。

僕の声が驚くほど小さいらしく、あまりの弱りっぷりにえらい心配された。笑

現地の薬を飲みたかったので、
ガイドに連絡して、現地の薬を手配してもらうようお願いした。

マザーハウスに向かう

現地ガイドが地元の下痢止め薬とポカリを持ってきてくれた。

IMG_1396

右が日本の薬、左が現地の薬。

速攻下剤は飲んで、ポカリは水に薄めて飲んだ。

すげー、まずい・・・。

インドと似てるが、インドよりまずいかも。
塩水というか、汗みたいというか、まあ、とにかくおいしくない。

だが、復活するため、ポカリを飲みまくる!
移動中もずっとチビチビ飲んでたら、
マザーハウスの工場に着くことには少しマシになった。

地元の薬はすごい!

マザーハウスでオリジナルバッグを作る。まずは紙のプロトタイプ!
Agoraというスーパーで土産買って、4日目の振り返りラジオ

コメントする

ログイン情報を記憶
はじめに
山口絵理子さんの本を読んで感動。ほんで、バングラデシュのマザーハウス工場にカバンを作りに行く。 初めての完全ツアー旅行。お便りはこちらより
バングラデシュ旅行
ツアー参加者
石川
栃木
エプロンメーカー
四谷姉
東京
薬剤師
四谷妹
東京
化粧品メーカー
鈴木
埼玉
アロマセラピスト
中谷
神奈川
Web Director
バングラデシュガイド
マザーハウスツアー HISボランティアツアー